イチョウ葉エキスは、アルツファイマー病の予防に役立つ。

ドイツでは、認知症・アルツファイマー病の治療薬として用いられているハーブで、これまで様々な臨床試験で有効性が証明されています。

イチョウ葉エキス

[学名]Ginkgo biloba  [和名]イチョウ [科名]イチョウ科

これまで、世界各国で多くの臨床試験が行われ、様々な効果・効能が証明されているハーブで、日本でも、「脳を活性化させる」、「アルツファイマー病を予防する」などの効果を期待し、サプリメントでも大人気となっています。

イチョウ葉エキスは、脳内の血流を改善する事で、集中力や思考力が高まるとされています。

その効果の高さから、実際にドイツではアルツファイマー病の治療薬として用いられているハーブです。

イチョウ葉エキスの効能。

  • 脳内の血流を改善し、集中力・思考力を高める。
  • アルツファイマー病の予防。
  • めまいや耳鳴り、緑内障の改善。
  • 勃起不全の改善に期待がかかる。
  • 発毛や育毛に効果的。
副作用や相互作用などの摂取上の注意点。

イチョウ葉エキスは、すでにドイツなど一部のヨーロッパ諸国では、医薬品として認可されており、これまでも重篤な副作用も無く、安全性が高いとされています。

ただし稀に、吐き気や便秘等の胃腸障害や、頭痛やめまいなどを引き起こす場合がありますが、一時的なものであり、長期に渡り摂取しても安全と言われています。

何らかの医薬品と併用する場合には、主治医に確認するようにしましょう。

イチョウ葉エキスに関する情報サイト。

【イチョウ葉エキスの効能】やサプリメントの選び方。
認知症の予防や頭痛を緩和する効能をはじめ、様々な効果を持つイチョウ葉について解説しています。


Copyright (C) 2011 e-herb.info. All Rights Reserved.