バナバの効果や副作用。

糖尿病の予防や改善に期待がかかるハーブとして、近年バナバの効果が注目されており、サプリメントでも人気を集めています。

@ハーブ

バナバ

[学名]Lagerstroemia Speciosa Pars [和名]オオバナサルスベリ [科名]ミソハギ科

バナバは、近年日本国内で増加を続けている糖尿病に効果を発揮する事で、注目を集めているハーブです。

バナバは、東南アジアや中国南部、オーストラリアに分布するハーブで、バナバの葉に含まれるコロソリン酸やラゲルストロエミンという成分が有効成分として活躍し、血糖値を下げる効果が期待されています。

これまでもいくつかの臨床試験が行われ、有効性が示されています。
(この臨床試験では、日本人を対象にしたデータもあります。)

バナバの効能。

  • 糖尿病の予防や改善。
  • 肥満改善。
副作用や相互作用などの摂取上の注意点。

一般的には、特に問題となる重篤な健康被害や副作用は知られていませんが、皮膚や胃腸にアレルギー反応を起こす場合があります。

他のサプリメントや医薬品との併用による相互作用は報告されていませんが、何らかの医薬品や、バナバと同様に血糖値を下げる効果があるハーブ、ギムネマ等を併用する場合には、主治医に確認するようにしましょう。


Copyright (C) 2011 e-herb.info. All Rights Reserved.