アロエの効果や副作用を解説。

ヨーグルトでもお馴染みで、ぷりぷりの食感がなんともいえないアロエは、おいしいだけでなく、胃腸の保護作用や糖尿病の予防や改善に役立つ為、ハーブサプリメントでも人気です。

@ハーブ

アロエ

[学名]Aloe arborescens [和名]アロエ [科名]アロエ科

アロエの歴史は古く、古代エジプト時代から、火傷、胃腸病、便秘、風邪、など様々な病気や症状に効果を発揮する万能ハーブとして、用いられてきています。

日本では、ぷりぷり食感が人気を呼び、ヨーグルトに入れてある製品が流行しています。

アロエの有効成分としては、ペクチンやグルコマンナンなどの多糖類が働いているものと考えられており、糖尿病の予防に役立つとして最近注目を集めています。

アロエの効能。

  • 胃粘膜の保護。
  • 胃潰瘍の改善。
  • 糖尿病の予防や改善。
副作用や相互作用などの摂取上の注意点。

通常の食品に由来する成分なので、非常に安全性が高い事が認められており、他のサプリメントや医薬品との相互作用は報告されていません。
ただし、稀に発疹などの皮膚症状や、嘔吐などの胃腸障害が現れる事がありますので、このような症状が見られたら、使用を中止するようにしましょう。


Copyright (C) 2011 e-herb.info. All Rights Reserved.